読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三度岡田浦

「買うものは買ったし、試し釣りやよね」と言うことで、三度目の岡田浦に向けて高速にのる。
着いたのは16時頃。新品の竿とリールを取りだしてセットして、Duelの簡単リーダーをつけて旧港出口で釣り始める前回チーバスがかかった辺りでは特にアタリもなかったので橋の下から旧港突堤の方へ移動。ここでアタリが出始めたので、2gのジグヘッドで底をじっくりと攻めるとヒット!エステルラインだからか、ゆるゆるに設定してあったドラグを鳴らしつつあがってきたのはそこそこの大きさのメバル!?始めて来た時にこの突堤で釣った親指サイズのやつの15cm版といった感じの魚。調子に乗って同じところへ数投するとまたもやヒット。サイズもそれほど変わらない同じ魚。
ここいらでまず目時が来たようで水面がざわつき始めるが、アタリは止み気味に。近所の中学生二人組が「おっちゃん釣れた!?」と寄ってきたので「おお、2匹くらい、メバルかな!?」というと「ええなあ!!」とバケツをのぞき込む。しばらく釣りを眺めていたけど、5時の音楽で帰って行った。目の前ではバラシしか見せられへんかったなあ。
さて、陽が落ちたところでもう一度ヒット。がその後引かない「バレた!?」と思いつつ寄せてくると近くで「プルッ」ともう一跳ね。抜き上げるとすでに懐かしく感じられるハゼでした。とりあえず10cmくらいだったしお帰り頂いて、一旦車に戻って先ほどの2匹を締めてクーラーへ。
次に新港をぼつぼつ探ってみるがどうにもアタリがない。スロープの縁へ行って港内からスロープを引いてみるとほぼ真下でヒット。あがってきたのは10cmくらいのちっこいやつでしたが正真正銘のメバル!とするとさっき締めたのはメバルではない…うすうすそうじゃないかとは思っていたのですが。とりあえずメバルは写真に撮ってお帰り頂く。
もう一度旧港の方に戻ってもアタリはなく根掛かりばかりなので、最後に新港でもういちどやってみる。角の方で基本に戻ってリフト&フォール。するとフォール中にアタリ!軽くアワセをいれると走る。あがってきたのは15cmくらいの小アジ。「さすが軽量タックル、フォール中のアタリもとれる!」と舞い上がりつつ次に投げると根掛かり。さらに作り直して根掛かり。焦りつつもう一度リーダーを結ぼうとするも糸が見えない。どうやら目が疲れてきた!?と思って気がついたら、ヘッドランプが点いていない。おかしいなと思いつつ再点灯させるもすぐに切れた。電池か…。とここで心も切れたので納竿。
アジを締めて帰途についたのでした。