読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第六戦

というわけで、1月最後の釣行。
選んだのは今までボウズなしの岡田浦…にミソがついたらアレなので、とりあえずカメラを無くした田尻へ。
マーブルビーチの駐車場に着いたのがおそらく正午くらい。
とりあえずダウンショットリグを組んで浜で投げてみたら、一発で根掛かりラインブレーク。
ニューロッド&ニューリール&ニューシューズのデビュー戦なのですが…。
気を取り直してシュラッグミノーをセットして、田尻の北の突堤にあがって港内やらビーチ側やら攻めてみる。ビーチ側ではしゃくっていると魚がついてきたもののノーバイト、早々にシュラグミノーを噛み切られた。…クサフグかな。
港内でしゃくったり、底を叩いたり、テクトロしてみたりしてみたもののいずれもダメ。さらに一度根掛かりラインブレイクしたり、その仕掛けを自分で釣り上げて回収したり。
15時過ぎにはあきらめて岡田浦へ移動。
旧漁港の澪筋から小突堤に行ってみるもアタリ無し。
浜の方に出ていつもの小突堤から見てみると、海草の繁茂がすごいことになっていて、投げるとあちこちで引っかかる。河口やら砂浜やらいろんなところから投げてみてもアタリ無し。
とりあえずニューブーツの踏破性能の高さは実感できた。
元の澪筋まで戻ったところでこの日唯一のアタリがククッと。が、ショートバイトだったようでフッキングせず。アナハゼかタケノコメバルだったのかな…。
陽が落ちて進行の船溜まりで投げていると、猫がやってきて魚をねだる。肥え具合を見ていると、もらい慣れしているようで、足の間を8の字に回って体をすりつけたり、バケツをのぞき込んで落胆したり、他の釣り師の帰り支度の方に行ってみたりと、この日は人が少なかったのも会ってか、お腹がすいている様子でした。


「ちっ、しけてやがる」持ち主にかまわずバケツをのぞき込んで落胆する猫の図

結局港内でもアタリ無し。ボラの回遊は見られましたが、とりあえず昼から何も食べていなかったので、お腹もすいて気力が失せて納竿。これにて2016年1月のボウズが確定したのでした。
帰りはとりあえずコンビニで補給して、関空道まで北上し、阪和〜近畿道経由で買いものして帰ったのでした。