読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竿

朝からbd-1にのって、まずは一駅向こうのファミマへ行って支払い。
さらに向こうの線を越えた先の釣具屋へ行くも、巡り会えず。
しょうがないので駅まで戻ってbd-1を駐輪して、地下鉄で梅田に出る。
白状すると、チューブラーロッドが欲しいのだ。具体的にはOLYMPICが展開するルアーロッドブランドGraphiteleaderのCORTO EXのチューブラーのものを年末から探していたのだ。

OLYMPICといえばかつて(20〜30年くらい前)は大手だったイメージで、その後カメラ・光学機器のマミヤと(を?)合併して、結局釣り具からもカメラからも撤退。それぞれの名を冠した別会社が事業を引き継いでるらしいのですが、うーん。
実家に眠っていたリール用のロッド(ほとんど未使用かつ当時の小中学生が帰る程度の値段)がOLYMPIC製だったので、なんだか縁を感じてしまって、前回tailwalkを買った時も実はCORTOが欲しかったのですが、店頭在庫がなく…。

閑話休題
と言うわけで今回はGraphiteleaderのアジングロッド最廉価シリーズのCORTO EXのチューブラーの7フィート以上のモデルを探していたのですが、なかなか揃っている店がなく、結局揃っているのを確認できていた梅田の釣具屋に出たのです。7.9は早々に見切りをつけました。7.3のもののみ割引だったのですが、ソリッドとの差異も考えて7.6を購入。
そして今回の福引きは不発でした…。

地下鉄とbd-1を乗り継いで家に帰って、夜はリグを整理。CORTO EXにAlphard2004をセットしたところ、どうにもバランスが前。実釣ではどうなのかなあ。